2025年の崖って?

  • DXの必要を理解していても「どのように進めて良いか、どのように実行するかがわからない」が多くの会社で課題になっています。
  • 日本全体で最大12兆円/年(現在の約3倍)の経済損失が生じる可能性があり、これが2025年の崖と呼ばれています。
2025年の壁
経営面

既存システムのブラックボックス状態を解消しつつ、データ活用ができない場合、

  1. データを活用しきれず、DXを実現できないため、  市場の変化に対応して、ビジネス・モデルを柔軟・迅速に変更することができず→ デジタル競争の敗者に
  2. システムの維持管理費が高額化し、IT予算の9割以上に技術的負債※
  3. 保守運用の担い手不在で、サイバーセキュリティや事故・災害によるシステムトラブルやデータ滅失等のリスクの高まり

※技術的負債(Technical debt):短期的な観点でシステムを開発し、結果として、長期的に保守費や運用費が高騰している状態

人材面

2015年〜

  • IT人材不足約17万人
  • メインフレーム担い手の退職・高齢化
  • PCネイティブの1960年代世代が経営トップに
  • ソフトウェアのアドオン・カスタマイズの積み重ねによる一層の複雑化

2025年〜

  • IT人材不足約43万人まで拡大
  • 先端IT人材の供給不足
  • 古いプログラミング言語を知る人材の供給不可

<2025年までにシステム刷新を集中的に推進する必要がある>

技術面

2014年

  • WinXPサポート終了 ※システム全体の見直しが必要
  • 膨大になるデータの取り扱いが困難に

2017年

  • 従来ITサービス市場:デジタル市場=9:1

2020年〜

  • Win7サポート終了 ※システム全体の見直しが必要
  • 膨大になるデータの取り扱いが困難に
  • 5G実用化
  • AI:一般利用進展
  • アジャイル開発が主流に

2024年〜

  • 固定電話網PSTN終了

2025年〜

  • SAP ERPサポート終了※システム全体の見直しが必要
  • 従来ITサービス市場:デジタル市場⇨8:4
  • AI:一般利用進展⇨各領域とのつながり

<2025年までにシステム刷新を集中的に推進する必要がある>

その他

2014年

  • 自動運転実用化
  • 電力法的分離
  • 東京五輪

2022年

  • ガス法的分離

2025年〜

  • SAP ERPサポート終了※システム全体の見直しが必要

<2025年までにシステム刷新を集中的に推進する必要がある>

放置シナリオ

ユーザ
  • 爆発的に増加するデータを活用しきれず、デジタル競争の敗者に
  • 多くの技術的負債を抱え、 業務基盤そのものの維持・継承が困難に
  • サイバーセキュリティや事故・災害によるシステムトラブルやデータ滅失·流出等のリスクの高まり
ベンダー
  • 技術的負債の保守・運用にリソースを割かざるを得ず、最先端のデジタル技術を担う人材を確保できず
  • レガシーシステムサポートに伴う人月商売の受託型業務から脱却できない
  • クラウドベースのサービス開発·提供という世界の主戦場を攻めあぐねる状態に