dx推進とは何か?dxは企業戦略の要になる!?

dx推進とは何かに関してですが、簡潔に言いますと、老朽化したIT分野を再構築し、現在主流となっているITに置き換えることです。これは通信網だったり、データ収集用のAIを導入するなど旧来のITよりも進んだテクノロジーを取り込むことでビジネスでさらなる利益を生み出そうという考えをdx推進と呼びます。

目次

dx推進とは

DX推進とは dx推進

dx推進は、旧式化するネットワーク通信網に社内のIT機器を現在のテクノロジーへと昇華させるという考えです。簡潔に言いますと、どの様なテクノロジーであれ利用を長期に続けていくと、次第に当時最先端だったテクノロジーはだんだんと老朽化し、時代に取り残されます。それを新しいものに置き換えようというのがdx推進です。

この考えは利点においては、人的資源を有効活用できることにあり、例えば従来人間の手でアンケートデータを集計していた場合、それをAIに置き換えることで人的資源をアンケートデータ収集に充てる必要がなくなります。

無論、問題点もあります。問題点は新しいシステムに切り替える場合、交換費用が発生する点、システム自体がうまく機能するかどうかが分からない点があります。そのためdx推進は適切にシステムを運用し、システム導入できる人材が担当する必要性があるのです。

dx推進は企業戦略の要である

dx推進

dx推進とは企業がビジネス路線を拡大する場合、企業戦略の要となります。旧来の企業はビジネス路線を拡大する場合、商品やサービスを普及させることのみに重点を置いていました。この考えでは、いずれ普及した商品やサービスは国内や海外で利用されなくなることも考えられ、新しく商品やサービスを考える必要性があります。ですが、ここが重要な部分でdx推進は、開発する商品やサービスのニーズを把握することでさらなる発展を望めるようにするのです。

旧来の企業のやり方では主力商品を発展させる、主力サービスを発展させておけばそれでよしとしていますが、これでは世界中で必要とされる商品やサービスにはなりません。逆を言えば、世界中で商品サービス展開をしようとした場合、ニーズを把握しておけば売り込む余地があるというわけです。これを、dx推進による企業戦略と呼び、ITをフル活用して自社の商品やサービス群を売り出したり商品やサービスを生み出すのです。

この生み出すことが重要で、既存のサービスや商品ではいずれ太刀打ちすることができなくなると踏み、企業はdx推進という考えを導入する必要性があるのです。この考えを持てば、常にテクノロジーが成長すればその都度、新しいアイデアなどが生まれたり、さらなるビジネス対象者を他国に求めることができるため多くの利点が生まれます。

dx推進の考えは日本では普及が遅れている

dx推進

dx推進の考えですが、日本では、テクノロジーをすべて新しくするという考えは後れを取っています。その理由は企業側に導入するだけの体力がなく、またシステムを提供する側もうまく企業とシステムがマッチしないという問題があり、普及が遅れているから

ただ、dxの普及が遅れているとはいえ、テクノロジー自体は日本は独自テクノロジーを持っているため、普及こそ遅いですがビックデータの有効活用は機能しており、世界中で活動をしている企業も多いです。その為、日本においては今後は、dx推進を取り入れるべきは大きな企業ではなく、小さな企業や中小企業という企業がシステムを取り入れる必要性があります。

大企業ばかりを対象にサービスを提供するのではなく、小さな企業や中小企業に向けてのdx推進を可能とするサービス群を提供するのが望ましいと言われています。そうすることにより、小さな企業、中小企業も大企業と同じように活動することができ、世界にサービスや商品を提供できるようになるのです。

まとめ

dx推進

「dx推進」と聞くと、なんだか難しいのでは…と考えてしまい、dxを取り入れないという小さい企業や中小企業も少なくないと思います。ですが、逃げずに少しでも「dx」について知識を取り入れてみましょう!少しでも「dx」について学んでみると、企業にとってメリットになることが多いのが分かってきます。もちろん、先ほど、説明したようにdx推進には問題点もあります。問題点も把握しながら、dxを取り入れることを前向きに考えてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる