dx推進指標とは?dxを推進しながら経営方針や社内体制を見直す

dx推進指標」。このコトバを聞いたことはありますか?今から、会社でデジタルを取り入れようとしている、要はdxを推進していこう!と考えている方には、絶対に目を通していただきたい資料のひとつです。

今回は、「dx推進指標」のことはもちろん、企業のdx推進についてもご説明いたします。dx推進は、業務をアナログからデジタルに変えるのはもちろん、経営方針を見つめ直すきっかけにもなるのです。

目次

そもそも「dx推進指標」とは?

dx推進指標

これからdxを取り入れていこうと考えていく中で、必要となる資料がdx推進指標です。「dx推進指標」とは、経済産業省がdxを取り入れようとする企業に対して、まとめているもの。dx推進していく際に確認してもらうための指標となります(以下の参考資料参照)。

【参考資料】経済産業省:デジタル経営改革のための評価指標(「DX推進指標」)を取りまとめました

この経済産業省のdx推進指標は、日本企業のdxの現状とギャップを理解しながら、dx推進への対応策を練っていけるように配慮されています。必要な内容については、どのようにアクションを取っていくかは把握、理解するとともに、様々な部門などを変えていくきっかけにもなります。企業内で情報を認識して共有しながら、どこが足りないか診断することも可能です。認識の共有は非常に重要で、ビジネスモデルなどを大きく変えるケースもあります。dx推進は、それぞれの部署が協力しなければ成功しないケースも。社内全体に協力を依頼するためにも、dx推進指標が軸となるのです。

dx推進するためには、経営方針を見直す!

dx推進指標

dx推進指標は、枠組みと取り組んでいる状況を指標として構成していき、それぞれサーバなどのシステム構築だけでなく、経営方針や社内の組織についてもチェックしていきます。継続して進行していくためには、顧客がどのような価値を企業に求めているかを明確にすることが重要です。

dx推進には長期的な計画も必要

dx推進は、既存のアナログの業務をデジタル化させようと改善させたり、効率化させるだけではありません。今ある業務に、しっかりとdxを取り込める状況、社内全体でdx推進をしていくようにしましょう。

企業価値を創出したり、課題などをまとめていき、各種資料を中期もしくは長期で検討していく必要があります。各工程のエビデンスとして経営計画や会議資料などを残していき、持続的にdxを企業に活用できるように整備していくことを考えるようにしましょう。徐々に定着することによって、dxに強い人材をアサインしたり、dxの知識が身につくことができて、自然と社内全体でdxが広がっていく可能性もあるのです!

社内全体で、dxに対して意識を高めていく!

dx推進指標

全社内でdxを共有する上で、体制作りや関係者に対する意識付けも必要です。dx推進を遂行していく部署や人員をアサインしていき、dxに対して明確に使命感をもたせることが第一前提です。そして、各部門で協力できる体制を構築するとともに、社員のスキルアップにも努めていきましょう。

どうしても間に合わない時には、他のベンダー企業やコンサルティングといった連携も重要です。そこから各社員に対して、dxに対して意識付けを行いながら、dx推進プロジェクトを進めていくようにしてください。

社内のdxのPDCAサイクルを繰り返そう

dx推進は、必ずしもスピーディーに成功しないケースが少なくありません。dxも、計画、実行、確認や点検、改善のPDCAサイクルを繰り返す必要があります。dx推進に挫折してもプロジェクトを諦めないことや、失敗を繰り返さずに対応する方法を見出すことが求められます。人材確保などもdx推進指標では記載されており、dxだけでなく事業に関するニーズを理解できる人材なども必要と記載されているのです。dx推進指標の内容に準拠しながら、人材とシステムを融合して、dxを全社内で取り組んでいく仕組みを作っていきます

社内の環境変化に対応できる体制を作っていくのも重要!

価値を生み出していくために基盤としていくシステムは、様々な観点が求められます。リアルタイムにデータを活用したり、常に社内の環境変化に対応できるシステムの構築を行える体制を作ることが求められます。データは全社内でスピーディーに活用できる環境にしながら、リスクなどを常に評価していきます。そして、そのデータを分析しながら課題を見出していき、改善しながら変化に備えていきます。

環境変化は人材や体制にも関連しており、体制の整備や強化そして人材確保や育成は常に求められます。dx推進指標を軸にしながら、価値を生み出せる人材や資金を配分していきましょう。そうすることで、dx推進に向けて体制が整っていきます。そして、システムなどの全体設計を行い取り組める人材を育てたり、dxの知識を得ている人材を確保する可能性が広がっていくのです!併せて進捗管理を行いながら、どのくらいdxが進んでいるかもチェックしていく必要もあります。

dx推進には、終わりがありません。ですが、dxを取り組むことによって、会社の経営方針や目標を今より明確になって、企業価値が高める可能性も!社内全体で、dx推進に向けて、前向きに取り込んでいけるようにしていきましょう。

まとめ

dx推進 dx推進指標

「dx推進指標」について、説明いたしましたが、いかがでしたか?「dx推進」は、業務をデジタル化していくのはもちろん、会社の経営方針などを明確にすることもできるのです。

コロナ禍で急いで、dxを取り入れた企業も、今使っているdxについて考えてみることをもおすすめします。アンケートなので社員に改善点があるのかなどを聞いてみるのもいいですね。そうすることによって、更により良いdxの環境が整っていきますよ!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる