dx推進部の役割とは?dx推進の動きが鈍い要因を把握してdx推進部を立ち上げよう

dx推進部を立ち上げたい。近年、そのように考えている日本の企業も多いのではないでしょうか。そもそも、「dx推進部」とは、どのような役割があるのでしょうか?今回は「dx推進部」についてご説明いたします。また、日本のdx推進の動きが鈍い要因も考えてみました。dx推進部の立ち上げには、この「dx推進の動きが鈍い要因」も重要となるのです。

目次

「dx推進部」とは?

dx推進部

日本の企業では、今から「dx推進部を立ち上げよう!」という企業が打ち出すところも多いかと思います。「dx推進部」とは、簡単に言えば、ネットワークを介して、自社の製品やサービスを上手に紹介し、顧客を得ようとする考えです。顧客を得るためにはネットワークを利用し、ネットワークの機能のひとつである、AIシステムを利用することで、さらなる情報収集を試みることができる可能性があるのです。

つまりは、情報を先取りして、ニーズを読み解き、ビジネスに利用することができます。ビジネスが成功した場合、そのデータを集計し、さらなるビジネスを生もうというのが、dx推進部の役割でもあり、メリットにもなるのです。

「dx推進部」の役割とは?

dx推進 dx推進部

情報を制するものがすべてを制するというのがこのdx推進部の考え方です。逆を言えば、情報を正しく理解し、整理することができなければ、どんなに情報収集をしても不必要な情報をただ単に集めただけで終わってしまいます。そうした事態を避けるために必要になるのがdx推進部です。dx推進部は、ビジネスで自社に利益を生み出すことができる情報を集めていくという役割があります。

dx推進部の取り組みの利点については、他社よりも優位な状態で、ネットワークを使ったビジネスを可能としている点です。AIシステムが独自に情報を収集し、その情報をもとにビジネスを生み出すことができる商品やサービスを考えることができる可能性があります。

dxは情報流出を防止できる

上記のような取り組みは人間でも行うことができます。ですが、人間が情報を収集し一つのビックデータになるようにまとめ上げるとなると時間もかかりますし、情報流出という問題も考えられます。もちろん、AIシステムでも情報が流出することはありますが、AIシステムの場合、セキュリティシステムを導入しておけば、情報流出を防止することができます。そのため、AIシステムに置き換えるのがとても有効に作用するのです。

日本ではdx推進の動きが鈍い要因とは?

dx推進部

次に、日本企業が積極的にdx推進部を導入しない理由についてを考えてみましょう。やはり大きな足かせとなっているのが設備投資とノウハウの不足です。

設備投資については、AIシステムによる情報収集プログラムなどのネットワークの設定および、セキュリティ管理問題などがあげられます。人の手である程度情報を管理しようとする意識が高い日本企業も少なくないと思います。人の手の方がセキュリティ対策を取りやすいとすら考えている日本企業も多いのではないでしょうか。

そして、ノウハウ不足についてです。dx推進という考え自体が、いまだ日本の企業には少ないため、ノウハウを持つ事業者が少なく、第3者もそれが成功をするかどうかを確認しているのではないでしょうか。逆を言えば、日本企業は現実的で周囲が成功をし始めないと、新しいノウハウや技術のようなものを生かさないとも言えますね。

アメリカと日本の違い

チャレンジ精神が強いアメリカなどは、新しいシステムや技術のようなものが生み出されると、まず無償で利用者を募ります。そして、テストをしたのち機能するシステムであると判断すると市場に流通させています。

恐らく、日本の多くの企業でdx推進の動きが鈍る要因は、アメリカの企業と比べるとチャレンジ精神が弱く、技術やシステムを無償で提供しないが故、周囲の企業が成功しない限り、後に続かないからなのではないでしょうか。

dx推進するには、周りの企業より早く!そしてチャレンジ精神が必要!

dx推進部

他企業がdx推進をして成功した場合、すでに飽和状態になります。そのため新しくビジネスチャンスをつかむことができるのは難しいです。何故なら、ライバルとなる企業が増えすぎた状態で、その中から他の企業に対して挑戦をしなくてはいけません。かなり厳しい条件下のもと、dx推進を推し進める必要があります。

このような状態で、果たして、dx推進させることができるのでしょうか。dx推進部を立ち上げるには、アメリカのようにチャレンジ精神を強く持っているメンバーを集めて、周りの企業より早く、dxを取り入れることが重要となります。

まとめ

dx推進部

以上が、dx推進部の役割になります。日本の場合、dx推進がうまく機能しない要因は、利益を生み出すかどうかが定かではないこと、企業自体も、周りの企業がシステムが成功しない限り後に続こうと思わないという2つです。

この2つの要因を、どのようにプラスに変えていくのかを考えるのも日本企業のdx推進部に求められます。周りの企業に負けないようなdx推進部を立ち上げていきましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる